Daysuke Takaoka

tuba,field recordings

Born in Osaka, tuba player Daysuke Takaoka is a Tokyo-based improviser. His tuba playing incorporates a wide range of playing methods and unusual extended techniques. Takaoka attempts to create the complexity of electronic music on the tuba within a predominantly acoustic environment, which he refers to as an "acoustic synthesizer."

and He calls his playing style as"blowbass" is not tuba just blowing bass instruments. 

also doing field recordings.specially with improvised play.

projects and bands:

Dead Man's Liquor(leader),

kajo(leader,with Yuji Ishihara and Tetsuro Fujimaki),

Hanamura  High-taro Quartet,

Fumio Itabashi Orchestra,

Takeshi Shibuya Essencial Ellington,

Hope and McCullers(Yoshiki Sakurai's double tuba quartet),

Teion Kankyo (with Daisuke Fuwa) 

and more...

 

play with 

Joseph Jarman,Misha Mengelberg,Jim O'Rourke,Itaru Oki,SUN RA ARKESTRA,Eiko Ishibashi,Tatsuhisa Yamamoto,Eric Thielemans,Yosuke Tamashita,Akira Sakata,Elliott Sharp,Koichi Makigami,John Butcher,Giovanni di Domenico,Pak Yan Lau,

and so many more...

高岡大祐 tuba,recording 

大阪生まれ。1990年代中頃より音楽活動を開始する。以降、即興演奏とジャズ、音響的な側面を持つアコースティック / エレクトロニクス的な演奏形態を中心とする。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使し、アコースティックでの表現を追求、吹奏の限界拡張に挑戦中。現在、ソロでの活動とともに、板橋文夫オーケストラ、渋谷毅エッセンシャルエリントン、華村灰太郎カルテット、桜井芳樹ホープ & マッカラーズ、自身のリーダー・バンド Dead Man's Liquor など即興演奏と並行してジャズやポップスのフィールドでも活動中。

自身のレーベルblowbassから作品を発表中。録音からリリース、ジャケット作成まで一貫して自家製、録音はDSD録音機や高音質なPCM録音機とワンポイントステレオマイク、無指向性測定用マイクなどのシンプルなセットを使用した一発録音で無加工のまま作品化する。

これまでの録音作品は、自身のレーベル作品や石原雄治、藤巻鉄郎らのソロ作品、タップダンサー・レオナの初リーダー作【 "LIVE AT SOTO" レオナ(tap) 林栄一(as) 瀬尾 高志(b) + 高岡大祐(Tuba) 】 、John Butcher サックスソロ作品Nigemizu  など。

​2012年の初ソロCD「借景・夏」からフィールドレコーディングと即興演奏を混交させた独自の録音作品制作を開始。2020年4月からBandcampで新作の発表も随時行う。

Daysuke Takaoka